« ☆聖華☆ | トップページ | ☆聖華☆ »

2007年4月13日 (金)

■冬月であります■

カディルは、しばらく3人…あれだけの魔物を倒しながら、疲労を欠片も見せない彼らと…すでに動けなくなった魔物達を見比べるように、呆然と見ていた。
普通に見れば…その武装を見なければ。
彼等は、何処にでも居そうな子供達。
そこまで考えた時。
「あ…」
ルークがふっ…と、空を見上げる。
数秒後、ざわざわとした気配。
「この様子だと、きりがないな」
舌打ち交じりに言って、ディアスは軽く刀を握る。
「状況を整理したいのは山々なんですが…」
空気が再び、暗く暗く…なっていくのを確かに感じながら。
「引くか…、でもそれも危ないよね」
もし。
これだけの魔物達が、もし町の方へ向かえば。
どうなるかは目に見えている。
「根元を叩くしかないだろうな」
この…群れの。
「ですね…この様子だと、元凶はここまで来ていないようですし」
4人の周囲の魔物達は、ほとんどが似た形の魔物ばかり。
その中には、とくに命令をしている者がいるわけでもなく、とくに際立って強い者が居るわけでもなかった。
…だから、多分。
「ね、町長さん」
ルークの声に、カディルの表情が微かにこわばった。
「あいつらの巣は何処?」
ルークだけでなく、ディアスとウ゛ィネアの視線も、カディルに向いている。
「あそこは…」

■■■■■■■■■■■■

こんな感じで…大丈夫?次、亜紀殿…よろしくお願いしますm(__)m

« ☆聖華☆ | トップページ | ☆聖華☆ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/259760/6085076

この記事へのトラックバック一覧です: ■冬月であります■:

» ボスジャンが当たる方法! [ボスジャンが当たる方法!]
ボスジャンが当たる方法! [続きを読む]

« ☆聖華☆ | トップページ | ☆聖華☆ »

無料ブログはココログ