« 聖華でっす☆ | トップページ | 聖華。 遅くなって申し訳・・・! »

2007年12月 1日 (土)

冬月。

「ふぅ」
誰ともつかない溜め息の後に、どっ…と、倒れる音。
その周囲にも、たくさんの魔物達。
悲鳴のようなその鳴き声も、既に聞こえなくなっていた。
「これで全部かな?」
「とりあえずはな」
緊張感の解けた空気の中、周囲を見回す。
魔物の気配は、既にない。
「そう、だ、村は」
不穏な可能性を考えて村長が呟く。
「…行こう」
「急いだ方が、いいかもしれません」
言って、再び走り出した。

村へ向かうに連れて、微かだが、再び奇妙な気配がしはじめた。
「まずい、かもな」
「うん、」
そこからさらに、加速した。


数時間ぶりに戻った村は、はじめとは明らかに違う異様さに包まれていた。
「司令塔を失って、混乱した魔物の一部、…か」
声の通り、それはただ、混乱だった。
小型の魔物達が、時折当たり散らすように暴れ。
しかし大半は、ふらふらと歩き回り、辺りを意味もなく見渡し、空を見上げている。
それは何処か、迷子の子供の様だった。
「逆に不気味だな、こうなると」
長く長く旅をしてきた3人ですら、そうは目にすることのない光景。
「うん、でも…とにかく…これも、危ないよね。何するかわからないよ」

…………………
ため過ぎですね…ごめんなさいm(__)m
しかも微妙なとこ…。
次、よろしくお願いします〜。

« 聖華でっす☆ | トップページ | 聖華。 遅くなって申し訳・・・! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/259760/9198584

この記事へのトラックバック一覧です: 冬月。:

« 聖華でっす☆ | トップページ | 聖華。 遅くなって申し訳・・・! »

無料ブログはココログ